号泣しながら縫ったもの

台風一過の日曜、青い晴れ間に背を向けて
黙々とブラウスを縫っていました。突然に。

しかし、服なんて中学校時代パジャマ縫った以来ですよ。
そんな簡単に出来るわけありません。。。

上身頃に下身頃をギャザーを寄せつつ縫い合わせる、
っていうのがどうしても………ギャザーってどやってつけるの??
状態で…。。。

結局完成していません。

製作途中の写真も撮影したんですけど、
あまりにも、あんまりな写真なので載っけませんでした!

土曜に同窓会があるのでそれまでに完成するかなあ……。
デジカメポーチもあと縫うだけ!まで来てるしなあ。

でもこのギャザー寄せ縫いをマスターすれば
作品の幅広がるかも?!なんて、
ちょっぴりプラス思考な私なのでした。

さあて、縫い方を妹に聞いてみようかな。


タイトルの号泣ですが…
NHK大河ドラマの「風林火山」を見ながらミシンしてたもんで…。
板垣と甘利の最期のシーンが…もう、涙なしでは見れませんでしたよ。
どうなるんだろう、両雄を失った晴信は…。
これでやっと勘助が主人公らしく活躍するのかしらん。
などとフトドキなことを考えてしまう内野様ファンなのでした。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

2007.07.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日々のこと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

nokitan

Author:nokitan
自作のイラストを刺繍にして布小物を作っています。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

ブログ内検索

フリーエリア

FC2カウンター