スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

パールと母からの思い

パール
きっと慌てて買ってきてくれたんだと思う。
本物のパールのネックレスです。母が買ってくれました。

「来年、本厄だから、親から何か長いものを贈るわね」
とは確かに言われていました。
しかしながらお恥ずかしい話、そんな家計に余裕のない我が家。
安物のネックレスか、ダメなら長い紐でもええよ~なんて言っていたのに。

そんなに慌てたのには、わけがあります。

短大時代の担任をしていただいていた恩師が亡くなられたのです。
そのお葬式に着けていけるように、と、慌てて買ってきてくれたんだと思います。
母のふところ事情は娘ですから、分かります。
……そんな余裕はないこと。かなり無理して捻出してくれていること。

亡くなられた恩師は、人生初の大きな挫折を味わっている私を
優しく、厳しく励ましてくださった、本当に大切な人生の先生です。

闘病されているとは聞いていましたが、あまりにも突然の訃報に呆然とする
ばかりで…今でも亡くなられたなんて信じられません。

せめて、お葬式に参列してお見送りしたい…。
そう思い、母に喪服を貸して欲しいと連絡をしたところ、喪服と一緒に
このネックレスを渡されたのです。

以前からオフィシャルな場に着て行く服や装飾品を揃える余裕がなかなか無い私。
口には出さないけれど、気にしてくれていたようです。
今回も、会場を見回す限りせめてパールを着けて行かなかったら、
どれだけ自分がみすぼらしく見えただろう…と、思いました。

装飾品で自分を飾るだけでない、中身を磨けと教えてくださったのは、
亡くなられた恩師でした。
女性として公式の場で気品を保つ事も大切だと教えてくれたのは母です。

二人の大切な師が心に浮かんだら、感謝の気持ちでいっぱいになり、
涙が止まりませんでした。

私もいつか、二人のように強く優しいひとになれるかな…。
そうなれるように、まだまだ学ばなければならないことがたくさんあるんでしょうね。

色んな想いが胸に交錯した一日でした。

スポンサーサイト

テーマ:本日の日記 - ジャンル:日記

2008.12.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日々のこと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

nokitan

Author:nokitan
自作のイラストを刺繍にして布小物を作っています。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

ブログ内検索

フリーエリア

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。